冬もビールがうまい!【おすすめ】今が旬の2015冬限定ビール。

冬でもビール飲んでますか?寒い日は熱燗に限るだって??

ノドは“夏”ですよ(笑)

ビール各社って季節ごとに限定ビールを発売していますよね。
春限定、夏限定、秋限定、冬限定 

今日はこっちではみぞれが降っております。ってもう!? 早いわぁー
冬限定ビールをまとめておきます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

おいしい食材が豊富な冬にぴったりのまろやかで深い味わい冬ビール。

IMGP3908

【定番】日本の冬ビールと言えば今年28年目を迎えた「サッポロ冬物語」

20150805_l

パッケージは冬物語のブランドカラーである青と白を基調とした、冬のビールらしいデザインです。

ヨーロッパのウィンタービールにもよく用いられる、香味が広がる味わいが特徴のウィーンモルトを一部使用。さらにアルコール度数を昨年の5%から飲みごたえ十分の6%に高め、冬のビールならではのしっかりとした本格的な味わいを実現。
また、ホップを煮沸工程の中間に投入する「冬のまろやか仕込」で、やさしくスムースな口あたりに仕上げています。

28年目ということは1988年に誕生したサッポロ冬物語
歴代パッケージデザインも興味津津→こちら

1007_01_b

パッケージはみんなでワイワイ盛り上がるパーティーや季節感をイメージした華やかさや楽しさを提案するデザインです。

新ジャンル市場で人気の「キリン のどごし〈生〉」の冬季限定商品です。
大麦を新たに追加し、より華やかなコクが感じられる味わいに仕上げました。また、煮沸工程の後半に香りつけのホップを投入するレイトホッピング製法により、華やぐコクと香りを実現しました。

家族や仲間と過ごすことの多い年末年始にみんなでワイワイ、ピザやチキンと一緒にどうぞ。

フローラルでスパイシーな香り「アサヒ<冬の乾杯>」

0916_1_1la

パッケージは全体的に華やかな色使いで、乾杯しているグラスのイラストや「Party&Winter」の文字で、冬のパーティーで楽しむことを提案するデザインです。

グレープフルーツのような柑橘系の香りが特徴のカスケードホップと爽やかな香りと苦みが特長のシトラホップを一部使用したことによる華やかでややスパイシーな香りと、アルコール分6%の飲みごたえが特長です。

やや高めのアルコール分が高めなのでパーティーフードの濃いめの味にも負けずに飲むことが出来ます。

豊かな香りが特長のアロマホップのみを使用した「サントリー<冬の薫(かお)り>」

l_12465-1

パッケージは緑色を基調に雪の結晶を配することで冬らしさを表現しています。缶裏面で中味のこだわりを訴求するデザインです。

アロマホップを贅沢に2倍使用し、華やかな香りに仕上げました。また、粒選り麦芽を使い糖化工程で麦汁を煮沸せず、段階的に温度を上げるインフュージョン製法を採用することで麦の旨みを引き出し、上質なコクを実現しました。

【お歳暮ギフト限定】職人の手でローストされた「エビス<冬のコク>】

fuyunokoku350

デザインは柄をあしらった上質なシルバーに、暖色系の文字で冬の温かみを演出、冬のギフトにふさわしい高級感のあるデザインです。

濃厚なコクに加えて、職人の手で丁寧にローストされた冬大麦麦芽※1を一部使用することで、深い黄金色と、豊かな味わいに仕上げました。時間をかけてゆっくり飲みたい、そんな冬にピッタリのヱビスです。

※1秋に種を播いて冬を越す「冬大麦」は春の柔らかな日差しの中で生育しゆっくり成熟するため、味わい成分のタンパク質を多く蓄えた大麦になり、重厚な味を生み出すとともに、豊かな泡のビールに仕上がります。

寒い季節は黒ビールを温めて飲む香りの良いホットビールもアリ。

darkbeer

ビールの本場ドイツやベルギーではビールを加熱して飲むことで体を温めて広がる香りを楽しむのだとか。
※ホットビールの作り方はこちら→「KIRIN広がる一番搾りの楽しみ方」

ホットビールには黒ビールなどの風味の濃いものが合います。

さいごに

冬限定ビールはどれもアルコール度数は高めで飲みごたえ重視。
たかが1%されど1%アップのアルコール度数6%の飲みごたえを堪能しましょう。

この冬限定ならではの贅沢な味をお楽しみ下さい。
寒くても、仕事終わりに、風呂上がりに一杯いきましょう。

おいしいビールは泡が命!【単3電池2本でOK】家庭用ビールサーバー。


 超音波できめ細かいクリーミーな泡を好きなだけ作れます。
350ml(330ml)、500ml缶に対応。


ご迷惑でなければ応援クリックいただけると嬉しいです。
ご面倒でしたら結構ですよ、読んでいただいて本当に感謝です。

 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

本日はお読みいただきましてありがとうございました。
これからも主夫ブログを更新していきますのでどうぞよろしくお願いします。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする