手作りパン教室で愛らしい帽子パンを作った。

先月クリスマスケーキを手作りしたくて初めてパン教室の門を
たたいたことをきっかけにパンとお菓子作りの魅力を改めて
実感している専業主夫YUHICOです。

ケーキを作ると娘がもうね、“満面の笑み”になってお皿に付いた
クリームの最後の最後まで一心不乱に食べています。

【関連記事】⇒クリスマスケーキ作りに挑戦。

そんな姿を見るとこっちも嬉しくなってまた作ろうってなります。

というわけでパン作りに魅了されている主夫は2回目のパン教室に行ってきました。

今回パン教室で作った形が愛らしいスイートムーン。
[20160116]Image001o
しっとりしたクッキー生地を重ねた帽子パンです。
ヤマザキパンのスイートブールやパン屋さんでもよく見かけますよね。

しっとりあまくておいしい。冷たくてもおいしいです。

パン作りの魅力の一つとして先生が言っていたのは、
パンは段階ごと(焼く前と焼き上がり)で形が変わること!

今回のスイートムーンもパン生地の上からクッキー生地をぐるぐる
うずまきに絞るのですが、焼くとクッキー生地が溶けて帽子になります。

なるほど、どんどん表情が変わっていく工程は面白い!
それと、作り方がわかると嬉しい!

自分でこんなにおいしいパンが作れて感動です。
帽子パンも早く家族に作ってあげたい。

お読みいただき有難うございます。ご迷惑でなければ応援クリックいただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告