イオンのベトナム産白身魚「パンガシウス」はいける!

1日のうち料理のことを考えている事が多い専業主夫YUHICOです。

これを作ったら喜ぶかなとか、作り始めるとあれもこれも作りたくなったり

考えているのが楽しいので苦にはならないんですよ。

だけどだけど節約の毎日、安くて使える食材が味方なのです。

肉はこま切れ、ひき肉、鶏ムネ、野菜はかぼちゃ、にんじん、タマネギ

あと豆腐。魚は割引シールを求めて夜な夜なスーパーへ

そんな中見つけたのが家計にやさしい「パンガシウス」

神々の名前ではないのでギリシア神話には登場しません(笑)

骨なし皮なしの白身魚(ナマズ)です。なまずの一種で、欧米では手軽な白身魚として
フィッシュ&チップスやフィッシュバーガーの具材として広く親しまれているそうです。

 

トップバリュー公式サイト→パンガシウスってどんな魚?

スポンサーリンク
レクタングル大広告

パンガシウスの値段は?

[20160707]Image001

近所のイオンで買いました。フィレ2枚で195円。

20160707_165644

2枚で196グラムありました。1枚100グラムとしてグラムあたり98円

となりに並んでいた同じ白身魚のタラが100グラム235円だったので、タラの4割ほどの値段で買えます。

じつはもっと安く買おうと思って、結構売れ残っていた翌日に行って割引価格で買おうとしたのですが、

翌日はバジルオリーブソースで下ごしらえされたパンガシウスが大量に並んでいました。

売れ残りかどうかは不明です。

 

パンガシウスの調理法はムニエルだけじゃない。立派なメイン料理に。

売り場やパッケージにはフライやムニエルでどうぞってなっているけど、

今回作りたいのは白身魚をボリュームたっぷりに!

カツレツといえばお肉ですが、ちょっとヘルシーに魚のカツレツを作りました。

20160707_170656

【作り方】

パンガシウスを包丁でたたいてすり身にして卵、玉ねぎみじん切り、パン粉、塩こしょう牛乳

を入れてこねたら4つに分けて形を整えて、小麦粉、溶き卵、パン粉で衣をつけて180℃で揚げる。

※衣をつけた状態で冷凍保存できます。

【材料】

パンガシウス2枚・玉ねぎ1/2個・牛乳大2・卵1個・塩コショウ適量・パン粉適量・

衣用に小麦粉・卵・パン粉。 解凍魚で水っぽかったのでパン粉多めにしました。

 

20160707_175354

ふんわりサクサク食感でとっても美味しい。

玉ねぎとパン粉でボリュームが出て立派なメイン料理になりました。

 付け合わせにハーブやレモンなどを添えるときっときれいですね。

今回は加賀野菜の加賀太きゅうりを添えました。

 

パンガシウスを初めて食べましたが、臭みも全くなく骨と皮も取り除いているので
使いやすく無駄がでないのもおすすめです。

パンガシウス紹介ムービー【安いだけじゃない安心安全もしっかり】

お読みいただき有難うございます。ご迷惑でなければ応援クリックいただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする