子供に絶対読んであげたい幼児向け絵本。

絵本を読むのがだんだんこなれてきたYUHICOです。

安らぎを感じる絵本の時間、子供が喜ぶ姿を期待しながら
反応を見ながら一緒に楽しむ。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

『ももんちゃんあそぼうシリーズ』 とよた かずひこ

blog-image-book -library20150404
「どんどこももんちゃん」

出版社の紹介文
ももんちゃんが、どんどこ走っていきます。川を渡って山を登って、どんどこどんどこ。

「ももんちゃんぽっぽー」

出版社の紹介文
ぽっぽー、ももんちゃんとおともだちのきしゃごっこがはじまります。トンネルにはいります。

「まてまてももんちゃん」  

出版社の紹介文
「とっとこ とっとこ」ももんちゃんがはしっています。そこへ…くもからあまつぶさんたちが落ちてきます。「まてまて まてまて ももんちゃん」あまつぶさんは、ももんちゃんをおいかけますが…ざんねん、追いつきません。
つぎに池からあらわれたのは、かえるさん、ペンギンさん、きんぎょさん。みんな「まてまて まてまて」とももんちゃんを追いかけますが…ももんちゃんは「とっとこ とっとこ」はしっていきます。「まてまて まてまて ももんちゃん」ついにきんぎょさんが「つかまえた!」。ところが、「するり」。ざんねん、やっぱりつかまりません。ももんちゃんはどんどんはしっていきます。
こんどは、ももんちゃんが「まてまて まてまて」。「つかまえた!」ももんちゃんが追いかけていたのは?

読んでみて
ももんちゃんシリーズ沢山出ています。EMMAちゃんのくいつきがすごく良かったです。
一度読んだだけで、“ももんちゃん”と言って何度もリクエスト。
お気に入りシリーズになりました。
お出かけの時にもお気に入りになりそうなので、ずっと手元に置いておきたいです。

この絵本は出てくる言葉は少ないですが(どんどこどんどこ、しゅっしゅっぽっぽ、とっとことっとこ) 少ないからこそ、リズムが良く子供の印象に残っていくのだと思います。
思わず笑みがこぼれるももんちゃんのほんわかキャラクターも自分の子供とダブるようでなんだか惹かれてしまいます。

これまで読んだ絵本
子供に読んであげたい幼児向け絵本1
子供に読んであげたい幼児向け絵本2

どんどこももんちゃん (ももんちゃんあそぼう)

ももんちゃんぽっぽー (ももんちゃんあそぼう)

まてまて ももんちゃん (ももんちゃん あそぼう)

本日はお読みいただきましてありがとうございました。
これからも主夫ブログを更新していきますのでどうぞよろしくお願いします。

 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
応援クリックいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする