どんな親になりたいですか?

自分がどんな父親になりたいか

僕は、誰になんと言われようが 娘に甘い父親になる。

小さい頃、父親にしてもらって嬉しかった事って何だろう?

あまりよく覚えていません。

僕は6歳で父親と死別したので、父親の記憶が少ないのです。

どんな声で、どんな話し方だったのかさえわかりません。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

僕の記憶にある父は漠然ととっても優しかった。

お祭りで、オモチャをお母さんにはナイショだよと買ってくれて

もし、お母さんに聞かれたら100円だった って言えばいいよって言ってくれたことがあって

「お父さん、本当にそれ買って大丈夫なのかよ」って

子供心ながらに、こっちが母親に叱れないか 冷や冷やしていたものである 。

その時は、家に帰って母にオモチャのことを聞かれる前に

台本には無かった自分から「100円だったからお父さんに買ってもらった」と言ったのでした笑

今、書きながら思い出したのですが

普段は保育園のお迎えは祖父だったのですが

たまに父親が来たときはすごく嬉しかった うん。

そんな父に怒られたことは記憶があるのでは 一回だけ。

それもその一回は、理由ははっきり覚えていませんが

泣き止まないか何かで

父が母から「あなたもたまには叱ってよ」 と言われて叱られたんです。

小さいながらにもそれはわかりました。

なので正確には叱られたことはないのかな。

母親にはある程度の年齢になるまでは比較的厳しく育てられました。

 女手一つ懸命に働きながら

僕を育て上げなければならないので厳しくもなるでしょう。

少年の頃は多少、道を踏み外しそうになった時もありますが

厳しい母親がいたからこそ今があるし

何不自由なく育ててくれたことには感謝しています。 

けど、何でも許してくれる父にもっと甘えたかった。

父との思い出は殆ど覚えていないはずなんですが

自分が車を走らせていて、小さいころ 父に連れて行ってもらった場所の近くを通ると

今までまったく忘れていたのに

なんだかぼんやりと その時のことを、思い出すことがあるんです。

(そうそうこのショッピングモールにウーパールーパーを見に連れてきてくれたなとか)

1985年がウーパールーパーブームでしたよね。

僕に子供が生まれてからです。

父との時間が思い出されるようになったのは。

30年も前なので一緒に行った所は

風景や建物が変わっていたり、無くなってしまったところもあるんですが

それは 一緒に過ごした思い出もひとつ消えてしまうような気がしてなんだか寂しい。

やっぱりもっと甘えたかったな、うん。

娘には僕があまり出来なかった分、たくさん甘えさせてあげます。

見守りながら。

ご迷惑でなければ応援クリックいただけると嬉しいです。
ご面倒でしたら結構ですよ、読んでいただいて本当に感謝です。

 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

本日はお読みいただきましてありがとうございました。
これからも主夫ブログを更新していきますのでどうぞよろしくお願いします。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする