主夫ごあいさつ

スポンサーリンク
ビッグバナー

 はじめまして『だから今、主夫になりたい!』作者のYUHICO(「ユヒコ」と読みます)
です。

簡単に自己紹介させていただきます。

1980年代生まれ  A型。
家族構成 妻と娘(3歳0カ月) 結婚11年目。

大学を卒業して最初に入社したのは国産車ディーラー。
その後輸入車ディーラーに転職。

合計10年間自動車の営業に携わってきました。
新入社員

 

国産ディーラーでは活躍しようとは思っていたんですが(笑)

鳴かず飛ばずのダメダメセールスでした。

 

輸入車はなぜかハマって全国優秀セールスにも選ばれました。
輸入車

 

ただこの仕事は休みも少ないうえに帰りも遅い(土日祝はもちろん仕事)

それに苦情やトラブルでピリピリすることも結構あって

帰宅して落ち度のない妻にあたってしまったりと

県外出身の妻にはさびしい思いもさせました。

 

加えて僕は上げ善据え膳の亭主関白でした。
オス猿

 

例えば食事のときも、席に着けば食事が出てくるのが当たり前

食器を下げたこともほとんどなかった。炊事掃除洗濯は妻に丸投げ。
ゴミ出しもしない。

口には出しませんが

誰のおかげで飯が食えているんだという思いも多少ありました。

上司に叱られる事も、気を遣うことも無く

道理に合わないクレームを言われるわけでもなく

主婦の方が圧倒的に楽だろうと当時の自分は思っていました。

妻は「私っていったい何って」何度も思ったでしょうね。

 

2014年9月に退職してからは子育てと主夫に専念。


ベビーカー

 

仕事を辞めた理由は自分自身もともと
張り切って仕事をするタイプではありませんでした。

仕事中もいかに手を抜くか考えたり

ある程度いい加減にやって休み上手な方ではあったのです。

それでも休み返上で出勤したりしていると

段々と休日でも仕事の事が頭から離れなくなってきたり

苦情やトラブルがあると何でこんな事ぐらいでと

極めて窮屈な日常の中で日に日に息苦しさが増してきました。
(メンタルヘルスも多少不調になり)

そんな中、2013年6月に待望の子供が生まれたんです。

そこで思ったんです。

一度きりの人生を可能な限り家族と一緒に過ごしたい
(自分自身小さい時に父親を亡くしているので)

家族第一になろう、家族バカになろうと。

それで退職しました。
blog-image-retirement

 

辞めた後もしばらくは仕事に追われる夢を見ることもありました。

勤めている間、心身ともに十分に休めていなかったんでしょうね。

一般的には夫が無職になれば辛口でしょうが

妻は逆で大喜びしています。

こうして今、家事と育児をするようになって毎日早く起きて

食事を作って、掃除洗濯をして買い物に行って娘の面倒もみて

以前の自分の様な態度を取ると、妻のうんざりする気持ちがわかってきました。

この先、YUHICO家のライフプランは白紙ですが

家族3人で毎日一緒に過ごせる

この貴重な時感じたことを少しでもお伝えして、残せればと思います。
紙飛行機

拙い文章ですが、お読みいただき有難うございました。

 ※当ブログサイトはブログ未経験、超初心者のひよっこが
主夫業と育児の合間を利用してゼロから作っていますので
お見苦しい点ご了承ください。
懲りずに更新していきますので見てやってください。

blog-image-profile-daughter12
YUHICOの娘 EMMAちゃん3歳0カ月
口癖:ワタシが!
アタシも!、カワイイ!など

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする